日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「春の雪」
2005年11月28日 (月) | 編集 |
原作はもちろん読んでいなかったし、もともと三島由紀夫の作品についてはまったく何の知識もないという状態で観てきました。観終わって思ったのは、これ、多分原作とかなり違うよ…ってことでした。なぜかはわからないけど、そう思いましたね。

しかし、主人公の清様、おそろしく悪者に描かれていますね。観ていて腹が立ちます(やることなすことずるかったり勝手だったり)。聡子ひとりが利用されたあげく、苦しみ、最後にはあんなことに…。

現世と来世を同時に見つめる視点が三島独特の美学なのだろうか?やっぱり難しそうなので、原作を読むのはやめておきます。
宇多田ヒカルのエンディングテーマも素晴らしかったです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。