日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「LOVERS」
2005年05月26日 (木) | 編集 |
またラブストーリー+アクション映画でした。なかなかスケールが大きくて、見所もたくさん。まず、金城武の「かつぜつ」が日本語のときよりいいので、芝居に違和感がなく、とても上手に見える。
アンディ・ラウはなんと最後に正体が判明する。けっこう入り組んだストーリーなので、驚く場面がいくつかあった。

アクションは、ワイヤーもけっこう使っていたけど、基本は剣。竹ヤリがびゅんびゅん飛んでくるシーンもあったりして、スリルいっぱいでした。

ラストはやっぱり恋愛です。誰が誰をどう、っていうのが読めなくて、はらはらしました。これをハッピーエンドというのかどうかはわからない…。
B0001A7CZALOVERS
金城武 チャン・イーモウ トニー・チン・シウトン アンディ・ラウ

レントラックジャパン 2005-01-28
売り上げランキング : 1,084

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。