日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ISOLA 多重人格少女」
2005年05月18日 (水) | 編集 |
普段、映画を観るうえで心がけていることの一つに「ジャパニーズホラー」を観ない、というのがある。コワいんだもん。脅かす→ビックリ!→ギャー!→トラウマ~、という流れを何度も経験してきました。
それで、今回は大丈夫でした。ちょっとコワいところあったけど…。

12~3人の多重人格者の話だから、別の意味でおもしろいかと思ったけど、個々の人格にはあまり触れていなかったですね。もうちょっと心理面で突っ込んでほしかった。結局、多重人格でなくても話は進んでいただろうし。

震災後の街が舞台なんだけど、倒れかかった大学の校舎、とてもよかった。廃屋のにおいがぷんぷんしてました。
B00005HSGUISOLA 多重人格少女
木村佳乃 黒澤優 石黒賢 手塚さとみ

PI,ASM/角川書店 2001-01-26
売り上げランキング : 42,373

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。