日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「郵便配達は二度ベルを鳴らす(’81年)」
2005年05月11日 (水) | 編集 |
ジャック・ニコルソンが主演したバージョンです。きのうの作品とはやっぱり違いましたね~。ひとつは作品のテンポ。きのうはせっかちなくらい早く進んでいったのに、この作品は最初から中盤くらいまではかなり緩慢な印象でした。時折大胆なラブシーンが入って、アクセントになってましたがw

もうひとつは、主人殺害後の展開。きのうは殺したらすぐ終わっちゃったけど、今日は殺してからが長かった。ニコルソンが浮気をしたり、お出かけしたり、いろいろでした。そういえば、ニコルソンはいつになく正統派二枚目といった映り方してました。前科者で流れ者なんだけど、品の良さがにじみ出てるって感じました。それに、上目遣いで怒るシーンもなかったしなぁ~。
まだ観てないニコルソンの映画はたくさんあるけど、この作品はかなりいい演技してる方じゃないかと思います。

あと、ラストで泣き崩れるニコルソンもとてもよかった。やっぱりこういうところにニコルソンらしさが出てるなって思いました。
B00005HC5H郵便配達は二度ベルを鳴らす
ジャック・ニコルソン ジェシカ・ラング エド・ハリス クリストファー・ロイド

ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-04-21
売り上げランキング : 11,775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。