日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「郵便配達は二度ベルを鳴らす(’42年)」
2005年05月10日 (火) | 編集 |
この作品は何度も映画化されているようですが、ワタシは今回初めて観ました。原作も読んでいません。明日はジャック・ニコルソンが演じたバージョンを観て、また感想を書きたいと思います。

テンポがとてもよかったので、長い割にはあっという間に終わりました。ストーリーも次から次へと事件が起こり、展開し、飽きさせません。主役の二人は、女優さんの方はそうでもないけど、俳優さんがけっこうイケメンで楽しめたかなw

話が二転三転すると書きましたが、ラスト数十分は目が離せませんでした。ここまできて、どうなるんだ!?と思った矢先に悲劇が…。最後まで楽しめました。
B000068RHL郵便配達は二度ベルを鳴らす
クララ・カラマイ マッシモ・ジロッティ ジュアン・デ・ラング ルキノ・ヴィスコンティ

アイ・ヴィー・シー 2002-07-25
売り上げランキング : 32,170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。