日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「フォー・ルームス」
2005年05月05日 (木) | 編集 |
内容はタイトル通り、ホテルの4つの部屋で起こるドタバタを描いてます。共通して登場するのがベルボーイなのですが、あちこちですごい目にあってます。

特におもしろかったのが2話目。なんちゅうかとんでもない方へどんどん流されていく過程がすごかった。これがタランティーノ監督作かと思ってたら、違いました。タランティーノ監督は4話目で主演までしていました。それがやたらハイテンションな役で、マシンガントーク飛ばしまくり。ベルボーイついに運命のときが来てしまいます。でも、意外な終わり方だったなぁ。
フォー・ルームス
ティム・ロス クエンティン・タランティーノ マーク・ローレンス ヴァレリア・ゴリノ

アミューズソフトエンタテインメント 2002-03-01
売り上げランキング : 10,830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。