日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「やくざ絶唱」
2005年04月20日 (水) | 編集 |
カツシンがどんなやくざを演じているのか、けっこう楽しみにして観た。そしたら、立派(?)なやくざでした。すぐ怒鳴り、殴り、殺したりしちゃう。
最初のうちは、そんなやくざ者と可憐な妹は水と油だなーと思ったのですが、血は争えない、この妹、最後には恋人を振り切ってカツシンについていくのですよ。

その恋人役が、田村正和なんです。おそろしく若い。しゃべり方もそんなに変じゃない。もみあげはかなり太かったけど。
カツシンの妹に振り回されてるだけの役というのがちょっと情けない…。でも、一応二枚目役ですね。この頃はきっとかっこいい役ばっかりやってたんでしょうね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。