日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ボウリング・フォー・コロンバイン」
2005年04月18日 (月) | 編集 |
アポなし突撃取材なんですねー。きちんとアポ取ってから取材した方が話も聞けるし、時間も無駄にならないと思うんだが…。
アメリカがいかに銃社会なのかは、よくわかった。銃規制が必要なのも、わかった。しかし、切実さがいまいち伝わってこないのは自分が日本人で、日本で暮らしているからなのよね。身近で事件なんか起こった事ないし、銃なんか誰も持ってないし。だから、単純に「アメリカは怖いなぁ」で終わってしまう。

6歳の子ども同士で起こった銃による殺人も、ナンシー・シナトラの「バン・バン」みたいだな、なんて思ってしまった。なぜ殺したのかはわからないが、遊びの延長だとしたら、日本では決して起こらない事件だけにリアリティが感じられない。
ボウリング・フォー・コロンバイン
マイケル・ムーア チャールトン・ヘストン

ジェネオン エンタテインメント 2003-08-27
売り上げランキング : 15,528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
僕がこの映画を劇場で観た2年程前、マイケル・ムーアの名前を知っている日本人はほ
2005/04/30(土) 23:09:24 | 映画の話をしませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。