日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「天使の肌」
2005年04月05日 (火) | 編集 |
淡々とした映画なんですが、ちょっと驚いた。原作があるのかどうか不明なんですが、遠藤周作の小説とそっくりなお話なんですよ~。「私が・棄てた・女」っていうんだけど、まさかフランスで翻訳されてないよね…。
なりゆきで一人の男と関係を持ってから人生が変わっていく、っていう少女を描いているんだけど、こういうことって、気づかないだけで実際あるんだよね。いい方にころぶに越したことはないですね、何事も。
フランス語は、なんとなくわかるし、響きとリズムが心地よいので、フランス映画って好きだなぁ~。
天使の肌
モルガン・モレ ヴァンサン・ペレーズ ギヨーム・ドパルデュー カリーヌ・シラ

角川エンタテインメント 2004-07-09
売り上げランキング : 30,057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。