日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「暴力脱獄」
2005年04月02日 (土) | 編集 |
また歯医者に行ってけずられてきた。何度やられても慣れないです(涙
「暴力脱獄」なのだが、観終わってあきれてしまった。本当に名作なのか!?まず、刑務所がありえない。ひろいラウンジでタバコやコーラを飲み放題。自分のお金はポケットに入ってる。そのお金で賭けやり放題。当然、私語を慎む場面などなし。
そして、主人公のルークだが、ちっともクールじゃない。その場の思いつきでなんとなく卵食べてみたり脱獄してみたり、何も考えていないのだ。だからつかまって重労働させられるとすぐに泣いて謝ったりと寝返るのだ。何度も脱獄を試みるなら、反抗心を持った、芯の通ったキャラじゃないのか?「かっこよさ」というものがまったく感じられなかった。
暴力脱獄
ポール・ニューマン ジョージ・ケネディ ハリー・ディーン・スタントン スチュアート・ローゼンバーグ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-04-21
売り上げランキング : 9,067

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。