日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「シド・アンド・ナンシー」
2005年03月24日 (木) | 編集 |
これから出かけます。急いで書きます。
結論から言うと、最近観てる他の作品同様、これも期待はずれに終わってしまった。誤解のないように書いておくと、「駄作だ」と言っているのではなく、ワタシの期待が大きすぎたのだ。だってあのシド・ヴィシャスの私生活が覗けるんだよ。ワクワクしちゃうよ。その生活とは…思ってたよりまともだった。当時は過激だったのかもしれないけど、今見るとそんなにひどいものではない。それより気になったのは、恋人ナンシーとの関係がいまいち描かれていないこと。これじゃただの「ドラッグ仲間」みたいじゃん。本当はもっと深く結びついていたんじゃないのかな?
期待はずれといいつつも、観てよかった、と思わせるシーンがあった。ホテルの部屋で投げ捨てたタバコが炎上していくさまをさほど気にする風でもなく眺めているシーン。とても美しいのだ。あとよかったのは、やっぱり音楽。懐かしい!
ラストは割にあっけない。誰も救われない気がして、後味はいまいち。
シド・アンド・ナンシー
ゲイリー・オールドマン クロエ・ウェブ デヴィッド・ヘイマン ベリー・ベンソン

ビデオメーカー 2001-10-25
売り上げランキング : 5,722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。