日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「バンジージャンプする」
2007年06月27日 (水) | 編集 |
最初、陳腐な青春映画を見せられたとがっくりしたが、とんでもなかった。予想もしない急展開後のビョンホンが哀愁漂う男を演じていて、見事だ。そう、このストーリーはとてつもなく予想外の方向へ、そして最後にやっとタイトルの「バンジージャンプ」の意味がわかる。

一途な想いは、永遠へと続き美しい。実際にはありえないだろうが、映画だからこそこういう、ある意味夢のある話でいいのではないだろうか。観終わったあと、ちょっとこのファンタジックな世界に浸ってしまった。

しかし、17年後を演じ分けられるビョンホンは、やはりすごい。髪型やファッションだけでこんなに変わるものなのか?


バンジージャンプするバンジージャンプする
イ・ビョンホン キム・デスン イ・ウンジュ

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-11-30
売り上げランキング : 14297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
デニム&ダンガリーのママ服がブレーク中ですよね。私の周りのママ達もデニムダンガリーの服に夢中...
2007/06/28(木) 13:17:32 | デニム&ダンガリー 天国!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。