日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「明日の記憶」
2006年10月04日 (水) | 編集 |
この作品を観た人は多分、よほど若い人をのぞいて「どんな病気なんだろう?自分の身に起こったらどうなるんだろう?」などと思ったのではないでしょうか。それほど、怖いんですよね、自分が自分でなくなっていくことは。最近よく耳にするようになったので、言葉は悪いけど流行っているんでしょうか、若年性のアルツハイマーって。

ワタシは観る前には、かなりドキュメンタリーなタッチで描いているのかと期待したのですが、それほどでもなかったかな。もっとくどいくらいに細かなエピソードを描いてたらよかったと思いました。そうじゃないと、奥さんがのんきに一日中仕事していても平気なんだ、って見えてしまうんですよね。介護をしながら生計を立てていく事の大変さは、この病気の家族を持っている人なら多分身にしみて味わっている事だから。

でも、耕治人が「どんなご縁で」と言われながらも奥さんと最後まで向き合ったように、ここでも奥さんは最後まで夫婦であり続ける事を選択するだろう、という希望の持てるラストには晴れ晴れとした気持ちになった。
明日の記憶明日の記憶
荻原浩 砂本量 三浦有為子

東映 2006-10-21
売り上げランキング : 186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。