日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「Shall we Dance?」
2005年09月25日 (日) | 編集 |
オリジナルは何年前だったろうか?そして、どんないきさつで今回リメイクされたのか謎なのですが、なかなか原作に負けずいい映画でした。細かいところまでそっくり~と思わせたり、さすがアメリカだなーという部分もあったりでした。原作と違うのは、「泣かせてくれる」ところでしょうか。そう、泣けるんですよ~。そして、とにかくハッピーエンド!とても気持ちよく観終わることができました。
B00067HDVQShall we Dance ?(初回限定版)
リチャード・ギア 周防正行 ピーター・チェルソム

東宝 2005-10-28
売り上げランキング : 240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

「プリズン・ガール」
2005年09月14日 (水) | 編集 |
外国であるアメリカで逮捕され、刑務所に入ることになったといえば、これは相当スゴいことになるんだろうなと期待して読んだのだが、予想通りスゴかった!環境なんかは逆にゆるゆるで、「こんなんでいいのかぁ~」と思うくらいなのだが、周りの囚人たちがとにかく半端じゃない。とにかくなんというか、人種のるつぼなのだ。そして、そんなこんな人たちと知り合えたのも、日本とはまったく違う、ユニット式、レンジルームやテレビルーム、ランドリールームなんかで構成されているため。なんと、売店もあるのです。そして、いろんな人たちと心を通わせて行く様が、おもしろい。「こんな人もいるの~」と驚かされることばっかりです。でも、いつでも朋美さんは誠実に、相手を思いやる気持ちを忘れないため、みんなから慕われます。

作者の朋美さんは、「ふだんまったく本を読まない」らしいのですが、文章のウマさに感心しました。とにかく飽きさせなくて、一気に読めたし。

海外で軽い気持ちで遊んでいたら、こんなことになるかもしれないですよ…という警告の意味で読んでもためになるかも。
4591087913プリズン・ガール?アメリカ女子刑務所での22か月
有村 朋美

ポプラ社 2005-08
売り上げランキング : 1,856

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。