日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「郵便配達は二度ベルを鳴らす(’81年)」
2005年05月11日 (水) | 編集 |
ジャック・ニコルソンが主演したバージョンです。きのうの作品とはやっぱり違いましたね~。ひとつは作品のテンポ。きのうはせっかちなくらい早く進んでいったのに、この作品は最初から中盤くらいまではかなり緩慢な印象でした。時折大胆なラブシーンが入って、アクセントになってましたがw

もうひとつは、主人殺害後の展開。きのうは殺したらすぐ終わっちゃったけど、今日は殺してからが長かった。ニコルソンが浮気をしたり、お出かけしたり、いろいろでした。そういえば、ニコルソンはいつになく正統派二枚目といった映り方してました。前科者で流れ者なんだけど、品の良さがにじみ出てるって感じました。それに、上目遣いで怒るシーンもなかったしなぁ~。
まだ観てないニコルソンの映画はたくさんあるけど、この作品はかなりいい演技してる方じゃないかと思います。

あと、ラストで泣き崩れるニコルソンもとてもよかった。やっぱりこういうところにニコルソンらしさが出てるなって思いました。
B00005HC5H郵便配達は二度ベルを鳴らす
ジャック・ニコルソン ジェシカ・ラング エド・ハリス クリストファー・ロイド

ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-04-21
売り上げランキング : 11,775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

「郵便配達は二度ベルを鳴らす(’42年)」
2005年05月10日 (火) | 編集 |
この作品は何度も映画化されているようですが、ワタシは今回初めて観ました。原作も読んでいません。明日はジャック・ニコルソンが演じたバージョンを観て、また感想を書きたいと思います。

テンポがとてもよかったので、長い割にはあっという間に終わりました。ストーリーも次から次へと事件が起こり、展開し、飽きさせません。主役の二人は、女優さんの方はそうでもないけど、俳優さんがけっこうイケメンで楽しめたかなw

話が二転三転すると書きましたが、ラスト数十分は目が離せませんでした。ここまできて、どうなるんだ!?と思った矢先に悲劇が…。最後まで楽しめました。
B000068RHL郵便配達は二度ベルを鳴らす
クララ・カラマイ マッシモ・ジロッティ ジュアン・デ・ラング ルキノ・ヴィスコンティ

アイ・ヴィー・シー 2002-07-25
売り上げランキング : 32,170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「やくざ絶唱」
2005年04月20日 (水) | 編集 |
カツシンがどんなやくざを演じているのか、けっこう楽しみにして観た。そしたら、立派(?)なやくざでした。すぐ怒鳴り、殴り、殺したりしちゃう。
最初のうちは、そんなやくざ者と可憐な妹は水と油だなーと思ったのですが、血は争えない、この妹、最後には恋人を振り切ってカツシンについていくのですよ。

その恋人役が、田村正和なんです。おそろしく若い。しゃべり方もそんなに変じゃない。もみあげはかなり太かったけど。
カツシンの妹に振り回されてるだけの役というのがちょっと情けない…。でも、一応二枚目役ですね。この頃はきっとかっこいい役ばっかりやってたんでしょうね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。