日々テキトーにながめる映画や音楽についての感想文
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


去年を振り返って…
2007年01月04日 (木) | 編集 |
キル・ビル Vol.1キル・ビル Vol.1
ユマ・サーマン ルーシー・リュー ダリル・ハンナ

ユニバーサル・ピクチャーズ / ジェネオン エンタテインメント 2004-04-16
売り上げランキング : 359

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少林サッカー (UMD Video)少林サッカー (UMD Video)
チャウ・シンチー

カプコン 2006-01-26
売り上げランキング : 31166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さて、あっという間に年もあけてしまいました。言い訳になってしまいますが、先月相方のパソコンが壊れてしまい、以来ワタシのMacは占領されっぱなしでろくにネットをやる時間もありませんでした。じっくりと去年観た映画を振り返ってみようと思い立ったのですが、実はこのブログを始めてから、という具合にしか思い出せない始末です。しかも何年も前の映画だったり…。

愚痴っていても仕方ないので、これは、という2作品をもう一度あげておきたいと思います。
どちらも「映画はエンターテイメントだ!!」と理屈抜きに楽しめた作品です。「Kill Bill(Vol.1&Vol.2)」は、なんとも凝った演出で、監督自身も楽しんで作ったのが伝わってきます。よくよく見れば激しいバイオレンスシーンも多くて、万人向けではないにしろ、とても印象深い一作でした。

「少林サッカー」も、もちろん凝りに凝った作品ですが、それを意識する前に笑ってしまう。そして泣いてしまう。何も考えなくてもただ純粋に楽しめる一作でした。ワタシは特典ディスク付きのBoxセットを買ったのですが、製作過程などを見ると、ひとつのCGでこんなに大変なの~!?と驚いてしまいますよ。

今年もまた、これらのような一生忘れられない作品に出会える事を楽しみにして映画を観ていこうと思っていますので、読んでくださっている皆さん、どうぞよろしくお願いしますm(_"_)m
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。